​Kanji in 6 &4 の「Kコード」を使った漢字学習ワークショップ|特別フォーラム|第15回

日時 :2021年6月20日

講師 :シヌーシ・イマーン・タハ、中村かおり、伊藤江美

会場 :オンライン(ZOOM)

対象者:日本語教師

参加費:無料

企画 :アルン・シャム

​申込者:242名(33カ国)

内容

非漢字系学習者に漢字の形を指導する際、これまでは、絵からの成り立ちや部首など、意味的な側面が重視されており、漢字の線についてはあまり指導されてきませんでした。しかし、「ソ ン」の書き分けや認識が苦手な学習者がいるように、初めて漢字を学ぶ人にとっては、部首よりも小さい線の違いが問題になることが少なくありません。その線の違いを認識するツールとして、「Kコード」を紹介します。KコードはKanji in 6 & 4という漢字学習システムの第1段階で、漢字の線をアルファベット・コードで示したものです。Kコードを使うことで線の説明が容易になり、指導だけでなく、質問や添削にも役立ちます。このワークショップで、漢字の字形指導の新しい可能性を感じていただきたいと思います。

参加者からの声

Screenshot 2021-06-20 at 15.37.49.png
Screenshot 2021-06-20 at 15.38.20.png